カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

      ■一枚板・手彫り・手書き・木製看板製作&木製看板素材販売■  

        厳選した良質な素材をお手頃な価格で販売しています。                                                        

木の看板・木製看板 電話・FAXでのご注文・お問合せは⇒TEL(078)575−6395 FAX(078)575−1173 外出している場合は転送に時間がかかります。                        

木の優しさ

 学校やマンションの内装を木質化する事例が増えている。その理由はいくつかある。

 まず触感による「むくもり」である。また、ダニの発生も抑制できる。コンクリートにはない「調湿」機能も大切である。木材は湿度が高いときには湿気を吸い湿度が低くなると湿気を吐き出す。コンクリートに比べ結露しにくく、加えて「リラックス」効果もある。

 杉や檜、ヒバ材のチップのニオイを吸引したところ、最高血圧が低下するなど、鎮静作用もわかってきました。さらに「炭素固定」機能も欠かせない。

 天然乾燥の木材は、鋼材と比べ、約350分の1のエネルギーで製造される反面、素貯蔵量でなんと250倍もある。また木材は二酸化炭素を吸収して成長した樹木から作られており、エネルギーとして燃焼させても吸収量以上の二酸化炭素は排出できないという「カーボン・ニュートラル」な特性もあることから、化石燃料に代えて木質バイオマスをエネルギー利用すれば、新たな二酸化炭素排出は抑制できる。

 これらのことから、木材はまさにエコロマテリアルであることがわかります。

森林環境における癒し効果

 素材を提供する機能のうち、最近注目されているのは「癒し効果」です。

 森林内にフィトンチットという物質が発生し、リラックス効果があることは1980年代からしられています。

ドイツでは古くから森林散策と植物療法などを組合わせたクナイブ療法が国民の間に親しまれ、4年に一度、3週間の保養を行うことが法的に定められています。

 日本でも2004年には「森林セラピー研究会」が設立され、ドイツを手本とした取り組みがスタートしました。林野庁の「森林の健康と癒し効果に関する化学的実証調査」によると、健康な男女20人が都市と森林で、それぞれ運動した前後に血液を採取するなどのデータ分析を行ったところ森林で運動する方が

1 リンパ球の一つで血液中を巡回し、ガン細胞やウイルス感 染細胞を排除するというNK細胞の活性度が高まる。

2 ストレスホルモンであるコルチゾールが減少する。

3 リラックス状態になる。

ことがわかった

 長野県信濃町では、独自に「癒しの森」プログラムを開発し、既存の散策路をいくつかのコースに分け、地元観光業関係者を「森林メディカルトレーナー」として認定するなど、森林の空間利用を進める。同町を含め、2005年11月現在、全国26ヶ所が登録済みで、今後は国レベルの医学的な根拠つくりを期待する。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

天然材料と人工材料

 山の絵を描くとき、日本では山に緑を塗る子供が多いのに、外国では土色に塗る子供が多いという。

 考えて見ると日本人は、緑に囲まれて育った民族であった。それは北から南に細長くつながっている国土が豊富な森林に覆われていたためである。

 そうした風土のなかで、私たち祖先はこの世に三霊神がいて、その神が住む土地の山川草木には、霊魂が与えられていると信じていた。このような樹木を信仰の対象にする受け取り方は、木が伐られて材木になった後も引き継がれる。「お礼様」というのはその代表的なもので、あの白木の肌に精霊を感じているのである。

 われわれは機械文明を象徴する自動車の中に、木片のお礼様が祭られている矛盾を笑うが、それはついこの間まで、敷地の中に御神木を祭っていた屋敷林の伝統の縮図だと考えれば納得できることである。

 日本人の心の中では、立ち木と材木とは切れ目なしにつながっているのである。

 私たちは長い間、木綿と木の中で暮らしてきた、だが明治以降それらを捨てて、新しいもの新しいものへと人工材料を追いかけてきた。それは天然材料よりも、人工材料の方が優れていると信じたからであった。

 だが今、明治百余年の体験を経て、鉄は万能ではないし、コンクリートは永久な材料ではないことがようやく分かってきた。それは木を見直そうという動きを生んだのであるが、それよりももっと大きな理由は、鉄やコンクリートには人の心をひきつける何かが欠けていることに気がついたからであった。

 木綿や木に囲まれていると、私たちは何か心の和むを覚える。それはこれらの材料がかつては生き物であつて、その生命のぬくもりが人肌に体温を伝えてくれるからである。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

木のある空間は安らぎの空間

 木材を室内の内装材に使った空間は、室内にいる人に安らぎや落ち着きを与え、精神の安定をもたらす。

 視覚的には木目の優しさや、木のもつ香りや柔らかな室内の空気などは、化学的にも立証されているが、実際にその空間に長時間滞在して初めて体感できることである。

 木を使った住まいで健康・快適・安全な暮らしをするためには、シックハウス症候群やアレルギーを誘発する化学物質が含まれていない国産材、地域材を使うことである。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

木材の乾燥エネルギー

 二酸化炭素、土壌の栄養分、太陽の光、そして水を吸収して育った樹木には、多くの水分が含まれている。このため、伐採したての丸太には多くの水分が含まれている。

 製材や集成材などの木質材料を製造するにあたっては、この原材料の水分を除去し、加工する材料を乾燥する。木材製品の乾燥に要するエネルギー量は、製品の全製造エネルギー量の約1/5から約1/2を占めており、乾燥工程に多くのエネルギーが使われている。

 しかしながら近年では工場廃材などを木炊きボイラーで燃焼した熱が乾燥に利用されており、木材が重要なエネルギー源となっている。

 このように木材には化石燃料の代替エネルギーとしての機能もあり、重要なバイオマスエネルギーの一つである。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

持続可能な資源・持続可能なエネルギー

 木材は数十年から百数十年のオーダーで再生可能な唯一の基幹材料である。

 また、加工に有するエネルギーは他の基幹材料に比べると少ない。さらに、材料そのものがエネルギー源としての機能を持っている。近年、温暖化を防止するために化石燃料の代買エネルギーとしての自然エネルギーの利用が進められている。

 太陽エネルギーを電力に変える太陽電池も持続可能なエネルギーを生産する媒体として多く普及しているが、実は森林は何億年も前から太陽エネルギーなどの自然エネルギーを利用して、持続可能な資源と持続可能な熱源を生産し続けている。

 木材は死に瀕した自然を蘇らせ、我々の子孫に自然と共存する機会を与えられる唯一の基幹材料である。

 木材は地球上にある唯一の持続可能な資源であり、持続可能なエネルギーである。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

木材の耐久性

 木材の生物劣化に対する耐久性は、一般的に耐久成分が多い心材部で高く、糖類やデンプンなど微生物の栄養源となる成分の多い片材部は非常に低い。そのため樹種固有の耐久性は心材の耐朽性(腐り難さ)であり、辺材などの樹種も一様に耐朽性は低いと考える必要がある。

 ヒバや台湾ヒノキの心材部には抗菌物質として知られているヒノキチオールなどのトロボロン類が含まれており、これらの樹種の耐朽性は非常に高い。またヒノキにはテルペン類が多く、クリにはポリフェノールが多いため共に高い心材耐朽性を示し、このような副成分を多く含む樹種は一般的に耐朽性が高いといえる。

 一方、木材のシロアリに対する抵抗性(耐蟻性)は、材の硬さと心材の化学成分が関与している。代表的な耐シロアリ成分には、サボニン類やサイプレスパインに含まれるL-シトロネラ酸、ヒノキのα-カジノールなどがある。

 耐抗性に関しては、木材表面の光劣化によるため樹種による違いは少ない。しかし、風化(目やせ)は密度に反比例するため高密度材や晩材部のほうが風化量は少ない。

 劣化はある条件になった場合に発生するものであり、劣化する条件を避けるあるいは取り除くことによって木材の耐久性は大きく向上する。これは各地に現存する歴史的な木造物が物語っている。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

文化を失いつつある木材の世界

 日本の木造住宅は、かつてはそれぞれの地域に応じた樹種や部材が使われ木材も地域と共に歩んできた。

 しかし近年では阪神大震災の柱材における集成材利用の増大、2000年に施行された住宅品質確保法による部材の性能重視によって、木材は価格と性能のみが市場で競われることになった。そこではかつての文化は失われつつある。

 日本の木材の多くがこのような状況に追い込まれている。そこでは、市場を中心とする経済性の下で、育林、伐出、加工、流通を通した生産性の向上と大量供給体勢の構築に向かわざるをえない。

 そのために、従来の助成制度の発想を転換し、生産性向上にインセンティブを与えることによって生み出される利益を、山元へ還元する方策を確立せざるをえない。その上で、間伐の促進と再造林放棄防止のための公的支援制度を再検討する必要がある。

 また、違法伐採材の輸入防止と、輸送などに伴う二酸化炭素排出の抑制に資する仕組みを確立するなど、環境問題への明確な対応が改めて求められる。

炭素を蓄える木材・木造住宅

 木の大きな体は大量の炭素を蓄えている。

 木が製材品などの木材製品に加工され、それらを住宅の構造材として用いると部材の中の炭素は、住宅が解体・廃棄されるまでそのまま住宅にストックされている。いわば木材は炭素の缶詰といえよう。

 例えば10,5cm角で長さ4mの杉の柱が蓄えている炭素量はおよそ7,5圈延床面積136屬量畋そ斬陲任蓮¬攤爐鯡鵤横㎥使用しているから、蓄えている炭素量は約6tにも及ぶ。一方、RC造りのマンション(鉄筋コンクリート住宅)や鉄骨プレハブ住宅は、同じ136屬僚斬陲砲弔い董△修譴召譯院ぃ僑瑤硲院ぃ毅瑤箸覆蝓¬畋い裡/4になってしまう。この住宅のなかの木材部材にストックされている炭素は、木材が生育時に大気中からCO2として取り込んだものである。鋼材、コンクリートはこの機能を持っていない。計算によれば、わが国における全住宅がストックしている炭素の総量は、日本の森全体がストックしている炭素総量の約18%に相当すると試算される。

 街の中に木造住宅を中心にする第2の森林があると言ってもよいであろう。

健康に優しい木材

 木材を使った住まいは、健康に優しいと言われることが多いが、それは木材は天然素材であり、木の持つ色合い・香り・風合い・感触など人々の暮らしになじみがよく、木の持つ様々な特性と相まって、心地よく快適に暮らせるということが要因となっている。

 健康に優しいということを別の視点で考えると、物理的な優しさと、精神的な優しさをもっている。物理的な優しさには、湿度のコントロールがある。木材の組織内にはたくさんの空洞があり、その空洞に空気中の浮遊している余分な湿気(水分)を取り込み、ほど良い湿気を保っている。

 また、空気中に湿気(水分)が不足してくると、木材の空洞に取り込まれた水分が放出され、空気中の酸素をほど良くコントロールしてくれ、室内を快適空間としてくれる。特に、室内の内装材に天然素材の無垢板を使った時に調湿効果を体験できるのは、梅雨時で、快適に爽やかにすごせるということである。

 次の精神的な優しさとして、杉や檜の板を室内に張ることで、落ち着きや優しさがえられる。木の持つ色合いや香り、質感によるところが大きく、感覚的なものである。

 また、木の持つ快適性はそれぞれ人の感覚によるところが大きいが、一つの事例を示してみたい。床材を決定するために、無垢材とフローリングどちらかにするということで、床に無垢の板(青森ヒバ、杉板)を張ったものと、一般にフローリングといわれている合板の上に薄い板を張りつけ塗装をかけた床材を裸足で歩いて、その違いを体験してもらったとき、無垢の板はフローリングのような冷たさはなく、肌触り・温もりなど無垢の板ならではの質感が感じられ、無垢材が選ばれることが多い。

 「青森ヒバ」は「木曽檜」「秋田杉」とならんで日本の3大美林の一つで、主に青森に生育している。青森ヒバには、ヒノキチオールという成分が含有されているため、抗菌作用があり、ダニやシロアリを寄せ付けないので土台や床材に使用される。

 木材を室内の床・壁・天井などに表して使うときに、一般的には汚れを防ぐために塗装をかけることが多い。しかし、天然素材の木を使って健康な暮らしをしたいというためには、塗装をかけないか、塗装の塗料を天然素材のものを使うことで、化学物質過敏症などアレルギーを遠ざけることができる(日本では古来より柿渋塗りや、拭き漆塗りなどが使われてきた)。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

木の性質と暮らし方

 樹木は植物的な立場から、立ち木として広葉樹と針葉樹に分けられる。この両者は同じ木でありながら、木の持つ特性(細胞構成により)や使われ方が異なる。

 広葉樹には、ナラ・クリ・ケヤキ・ブナ・サクラ ・・・・などがあり、建築材の装飾的なものに一部使われるが、主に家具や道具などに使われている。針葉樹は、スギ・ヒノキ・マツなどで、主に建築材に使われる。

 木は古来より日常的に使う器や箸に始まり、道具として家具や間仕切りの屏風さらに建築材の柱や梁など、生活のありとあらゆるものに使われ、日本人の暮らしになくてはならないほど取り入れられた。

 針葉樹のスギやヒノキなどは、木材として使われるために伐採され、丸太として必要な長さに切りそろえ、製材所に運び、さまざまな用途に応じて製材され、一般的な建築資材の木材となる(家具や工芸品の部材として使われる広葉樹は、用途に応じて製材されることが多い)。

 木材はさまざまな建築資材の中でも、天然資源として再生産できるものであり、またその材を生産・加工する過程において、他の資材よりエネルギーコストがかからず、環境負担が小さく、地球環境にとって優しい資材ということが言える。

 近年、建築の分野において、木材は環境に与える負担が小さく環境に優しい素材ということで、木材を使うことが見直されている。その背景には、木材を使い続けることで、二酸化炭素を固定し、少しでも二酸化炭素の放出削減をしたいということがある。また平成14年に建設リサイクル法が制定されたことで、解体・廃棄のときに処理しやすく、再利用もしやすい木材を使うことで、エネルギーコストを削減できるということで見直されていると考えられる。

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

無垢材を活かすコツ

 インテリアに木を使う場合に、その良さを殺さない使い方のコツについて。

 その第一は厚さを見せることである。大壁構造で室内から柱も梁も消えてしまった。その代わりに、薄い銘木化粧板を張るにが普通の仕上げ方である。これは壁紙を張ったのと同じで、見た目には木造らしくなり、写真写りも立派に見えるが、しばらくすると飽きてくる。

木は厚みがないと生きてこない。

 工業住宅に住む人たちが「長い間住んだがどうも愛情が湧いてこない」というのは、厚さのある木がインテリアの中に見られないからである。そう言うことから、太い木の柱と厚い梁を見るとほっとする。紙より薄い化粧板は、ちょっと目には綺麗に見えるが、ヨーロッパの「ダマシ絵」と同じで、日本人の血の中に流れる木を好むDNAを満足させてはくれないのである。

 第二は、自然の木肌をそのまま活かすことである。節があっても木目が通っていなくても、厚さがあれば木はその欠点を隠してくれる。「アバタもエクボ」という言葉があるが、住んでみると、自然の木肌はその不完全性が愛情に変わってくるのである。

銘木化粧板の普及は、私たちの自然木の良さを見る目を狂わせてしまった。

         参考文献「65億人の地球環境」(産調出版)

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

居住性の機能化は「ほどほど」が重要

 「健康住宅」という言葉や宣伝が近年目に付くことが多くなってきた。その中で、自然素材である木材が取り上げられることが少なくない。その背景には、人間という生物が住む生活環境には、生物である木材が適しているはずであるという素朴な思いが見られる。

 一方では木材などの素材とは関係なく、人工的に快適な室内環境の形成、あるい日常的に危険の少ないような配慮をした住宅などを健康住宅といっていることもある。

 そこには、人間の行動や配慮にあまり気を使わない制御、すなわち自動化、機械化などが主流になっている。

 しかしながら、生物で重要なことは基本的に楽な道を選択する。別の言い方をすると、楽な環境に順応しがちである。便利になると、その部分の機能や対応する心構えは退化してくる。

 人間の機能や、健康という観点からみると、その使い道を誤らないようにしないと、生物体としての順応を鈍らせる危惧も同居している。

 最近の住宅や生活の「これでもか、これでもか」の居住性の機能化をみると少々心配になる。

 住んでいるのは紛れもない生物体の人間である。特に、人間はいろいろな経験の蓄積をもとに考えて行動する。ものを考えなくすることや生物体の機能を低下させることを化学技術、先進技術と考えていないか、いささか気になる。

 いずれにしても、我々自身が問われているのは「ほどほどに」で、とりもなおさずそれがエコロジー、エコシステムの基盤であるからである。

           参考文献「65億人の地球環境」(産調出版)

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

高さくらべ

 木造では、技術的に何メートルまでの建物が造れるだろうか、と聞かれればハテ、と戸惑う人が多いでしょう。

 日本で最も背の高い木造建造物は、ご存知大仏殿である。高さ48メートルのこの建物は、10階建てのマンションなどすっぽり入ってしまう大きさだが、こんな高い建物は今では造れない。建築基準法で高さ13メートル以上の木造建築を禁止しているからである。

 樹木はもともと背が高いものである。これを組み合わせてのことなら、かなり背の高い建造物が出来てよいはずである。樹高20メートル、30メートルという樹は珍しくも何ともないが、世界で一番背の高い樹木は、ギネスブックによれば、米国はカリフォル二ア洲ハムボルトのセコイヤで112.1メートルとされている。

 我が国でも九州に扶桑木という木があり、高さ9700尺と日本書紀に書いてあるから、これが本当なら世界一になる。もっともいくら古代尺が短かったとしても、これはいささかまゆつばのようだ。

 100メートルの立ち木があるなら、100メートルの丸太が建てられても、おかしくはない、というわけでもなかっただろうが、1915年サンフランシスコで行われたパナマ太平洋博覧会に、91.3メートルという世界一の大旗ざおが建てられている。

 風圧力に抵抗して樹木の根ばりほどの効力のある基礎や支持機構をつくるのは、当時としてはなかなか大変だったに違いない。樹種は米松であった。

 旗ざおは一本の棒でしかないが、米国陸軍は1951年に木造の高さ113メートルという無電塔を建設した。木造としたのは、塔自身が電波を反射しないからで、この辺にも木材の特徴が買われているわけだが、それはそれとして、この塔は角材とガゼットで組上げられていて、技術的にそれほど難しいものではない。

 3〜4年ごとにペンキを塗ることと、毎年締具を締め直すだけで老朽の気配もないというから、木材ももっと胸をはっていいのである。そういえば英国リンカーン寺院には160メートルの木造の塔があったということだが真偽のほどは定かではない。

 このように技術的には、木造でどんな建物でも建てられることが出来る。それは鉄筋造りやコンクリートに比べてかなり軽いはずだから構造的にも有利であるに違いない。にもかかわらず、世間一般の人は、いや林業界や木材業界に席を置く人達でさえも木造で高層建造物はとても造れないと思い込んでいるようである。

 それは単に木が燃える、というところから火えん伝播性も火災抵抗(火に対する構造耐力の持続性)も区分せずに規制している建築基準法に問題がある、というよりは、火災と木造とをすぐ結びつけて連想する日本人の常識?のほうに問題があるのかもしれない。

 さらには近代技=コンクリート、あるいは金属という誤った技術観が問題なのではなかろうか。木は思いのほか火に強い。そして極めて構造的でもある。そして何よりも技術的に無限の可能性をもっていることを忘れてはならない。

             (参考文献「木材活用辞典」産業調査会)

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

エネルギー危機

 全世界で30億の人々は、木、木炭、その他のバイオマス家畜の糞、作物のかす)をエネルギー源としている。

 多くの発展途上国では、特に1/3を占めるごく貧しい人々の国では、薪を見つけて家に持ち帰るのに、ますます多くの時間と労力がかかるようになり、それにつれて、薪は彼らの生活を左右するものになってきた。

 彼らの伐採のペースは、森林の自然回復のペースを上回っており、人口と人口密度の増加によって、問題はいっそう広い地域に及んできた。

 その結果、これまでは豊かな自然に支えられてきた森林の伐採活動も、破壊的な側面が強くなり、ついには将来にわたって伐採を持続していくことが不可能になってしまうであろう。

 実は薪の問題は、発展途上国の貧しい人々が、その日の暮らしを守るために将来の生活を犠牲にせざるをえない状況に置かれている曲型的な例を示している。

 彼らは決して無知ゆえに伐採しているのではない。悲しいことにそうせざるを得ないのである。もしも薪を買わなくてはならないとしたら、その価格は家庭の現金収入の大部分を占める恐れがある。今日では調理用の燃料代が食事の材料を調える費用と同じぐらいかかるという家庭がたくさんある。

 毎年全世界で伐採される全森林の半分以上は、調理用、暖房用として使用されており、発展途上国では約90%を占めている。薪と木炭の生産量は、アフリカで伐採される木の90%以上を占め、アジアでは80パーセント、ラテンアメリカでは70%を占めている。

 薪不足の影響は貧困地域でもっとも深刻で、そうした地域では代用燃料が使用できない、またはまったく手に入らないのである。全世界で20億以上の人が今なお電気のない生活をしている。

 薪と木炭の不足は、特に中央アメリカ、サハラ以南のアフリカ、アジアの一部で深刻である。そして、発展途上国の多くの人々にとってエネルギー危機の問題は、いろいろな電気製品をそろえた家庭で、いかに電力消費を抑えるというような議論とまったく次元が異なっているのである。

 それは彼らが生きていく為の日々の闘いに、直接攻撃を与えるものだからである。

 森林破壊は起こったそばからさまざまな問題をもたらす。ますます深刻になっていくエネルギー危機という大きな問題を解決することができなければ、もうすでに乏しくなっている森林資に斧をふるう人の数は、森林へますます圧力をかけるだろう。

 薪が不足すると更にいくつかの問題が発生する。推定8億人の貧しい人々に家畜の糞のような代用品が必要となり、畑(自然肥料として使用)から家庭(燃料として使用)へ転換すると、作物の収穫量が減少する。

 また人々は作物の残りかすを利用するが、本来は天然肥料や家畜の飼料として使用されるものである。

 薪不足が環境や人間に与える影響は極めて重要である。そして、深刻な事態が長びけば長びくほど、長期的な視野にたった解決策を見いだすことは、ますます困難になってしまうだろう。

           参考文献「65億人の地球環境」(産調出版)

自然木工房 木のカウンター・木のかんばん 

TEL(078)575−6395

FAX(078)575−1173

Eメール yco @ sizenmoku.com

ページトップへ